住宅ローンの返済比率や返済負担率について調べてみました。住宅ローン審査に通るために必要な信用力とは?

住宅ローンの返済比率や返済負担率について

住宅ローンの返済比率や返済負担率について

住宅の画像

住宅ローンの審査で満たす必要がある基準に、返済比率や返済負担率を挙げることができます。

両方の意味に違いはありませんが、住宅ローンの年間返済額が年収に対して何割に当たるのかということです。

返済負担率の限度はせいぜい30%で、35%以上になれば返済条件が満たされないため審査に通らない形になってしまいます。

この際に意識が必要なこととしては、異なるローンの返済額についても、合算されるということです。

腑に落ちないかもしれませんが、利用はしていないにせよ、キャッシュカードについているキャッシング枠も決まった割合で組み込まれてしまうという盲点があります。

キャッシング枠の5%分をローンと見なされますので、使ったためしのないようなカードを持っているなら、解約をすることが大切です。

返済負担率で住宅ローンの審査が通らないかもしれない場合、2通りの対策を提案できます。

年間返済額をカットする対策と、さらには年収を増やすことです。

この年間の返済金額を減らす対策には3つの手段が存在します。

頭金を増やすこと、返済期間を増やすこと、返済方式の修正です。

頭金を多くして借り入れ金額を少なくするというのが一番健全と言える方法です。

返済期間を長期間にして1年1年での返済金額を縮小させるのは、支払い総額が増えてしまうデメリットがあります。

元金均等返済方式と元利金等返済方式を対比させた場合、元利金等返済方式の方が最初の10年の返済負担率を少なくしておくことができます。

年収額を増やすことで返済負担率を少なくしようというなら、配偶者などの収入を含めて算出できます。

収入合算と称したり、夫婦合算と言い表す方法です。

返済負担率のために審査が通らないとすれば、非常に長いあいだ返済を行うことに対して信用が不足しているということです。

基準に適合することについて懸念がある人は、あらかじめシミュレーションすると良いでしょう。

 

住宅ローンの返済シュミレーションについて


自分が生涯暮らす住みかを購入したいと感じる人も多いものです。

自分で所有するのと、賃貸物件などに暮らすのでは全く違ってくるものです。

特に日本というのは、住宅を資産価値として考える傾向にあります。

所有していることで安心感や財産としての価値、そして老後の備えといったこととしても考えることができるのです。


しかし、住宅というのは家だけならまだしも、土地まで購入することになると、かなり高額の費用がかかるものです。

それは一括で支払うことができるレベルではないので、ほとんどの人が金融会社から借入れをして住宅ローンを組んで返済をしていくようになるのです。

住宅ローンというのは、住宅のためにお金を借りて返済をしていくものなのです。

ですから、きちんと返済をして行く必要があります。

借入れをする際には、自分の年収などからどのくらいの金額を借りることができます。

返済期間がどの程度であれば、返済額がどのくらいになるのか、といったことを知る必要があります。

自分たちの年収などによっても違うために金融会社などから返済シュミレーションをしておく必要があります。


たいていは、金融会社でシュミレーションをしてくれるので、そういったことを借入れの参考にしていくといいのです。

毎月の返済で長い間にも及ぶこともあるので、利息なども含めた返済額を知っておくことが大切なのです。


家を手に入れると満足感がありますが、その分返済はかなり大変になることでしょう。

 

住宅ローンの無料相談会は必須です


住宅ローンに興味はあるが、どこで申し込んで良いのか悩むという方も多いようです。

そのような場合にはまず、無料相談会を利用することをおすすめします。

相談会は主に金融機関が行っていますが、場合によっては住宅メーカーが行っているケースも多くなっています。

住宅ローンで不安を感じるのは主に2点です。

1つは安定して支払える金額か、2つ目は借りられる金額はいくらなのかです。


支払えるかは個人で考えることもできますが、ローンの計算は複雑であり、ボーナス払いの有無なども影響してきますので専門の担当官に計算してもらうのが理想です。

また、ライフスタイルに合わせて支出も増えますから、専門の担当官にある程度の人生設計を見せてもらうのも有効です。

子供がいる場合には特にどれだけのお金がかかるかは重要です。

しかし、個人で計算するのはとても難しいです。

住宅ローンを組んだが、子供へお金がかかって生活が苦しくなっては意味がありません。

子育てをしっかりしながら住宅ローンを返済するためにはいくらの返済ならいいのかはとても重要です。


また、返済をする気はあっても、家を建てる金額をどの程度借りられるかは金融機関次第です。

借りたい気持ちはあっても借りられなければ意味がありません。

そんため、相談会でどの程度の金額が必要で、審査はどうなっているのか、など実際の審査に当てはめて聞いてみるとよいです。

確実に審査が通るということは保証はありませんが、ある程度の目安が見えると好評です。

★住宅ローンの金利が気になる方はコチラから>>住宅ローン金利