住宅ローンの返済比率や返済負担率について調べてみました。住宅ローン審査に通るために必要な信用力とは?

住宅ローンの返済比率や返済負担率について

家計に占める住宅ローンとは

夢のマイホームを手に入れたいというのは、誰もが感じていることでしょう。

しかし、住宅を購入するためには、高額の費用がかかります。

地方都市でも土地つきの一戸建てで2000~3000万円もするといわれますし、都市部ではその倍くらいもかかる場合もあるのです。

住宅を欲しいと思っても、なかなか現金で一括の支払いをしていくのが難しくなるものです。

そうなると、ほかの金融会社などから借入れをすることを検討することになります。


銀行などの金融会社から借入れをして住宅ローンを組むことになった場合、その家庭の収入をもとにどの程度の返済が可能であるのかというところから融資可能額というのが決まってくるのです。

今まで賃貸物件に暮らしていて、家賃として支払う分を住宅ローンの返済に充てるようにすると考えれば、家計のやりくりもできることでしょう。


通常、住宅に関係する費用というのは、家計の支出のうちの3割程度までに抑えるようにしないと、毎月の収支が厳しくなるといわれます。

ですから、その家庭でどの程度の額まで借りられるのかということも年収との関係になるのです。


金融機関では一括で借入れをすると、利息がついた形で毎月返済をしていくようになるのです。

これは変動金利や固定などでも違ってくるのですが、返済期間が延びればその分利息の負担もかかってくることになるのです。


また、住宅ローンを返済していく中で余裕があれば、貯金をしている中から繰り上げ返済をしていくというのもいいでしょう。